わからないこともアプリひとつで!

論文検索アプリのQross
論文検索Qross
論文検索Qrossは、7つの論文検索サイトから横断して論文を検索できるアプリです。CiNii、J-STAGE、PLOS、PubMed、IEEE、ScienceDirect、SpringerLinkといったサイトのうちから検索したものを自由にブックマークし、保存しておくことができるのです。このブックマークは自分のWebのブックマークと同期が出来るので、外出先でアプリを使ってとりあえず必要と思われる論文をピックアップしておき、帰ったらじっくりパソコン上でWebから論文を読むという使い方ができます。また、このアプリは各種SNSや文献管理サービスとの連携も出来るようになっています。見つけた論文をソーシャルメディアで共有したり、各種文献管理サービスへ、BibTeXやRIS形式でファイル出力も簡単操作で行えます。また、論文とソーシャルメディアとの連携という点では、検索する際にソーシャルメディア上での話題性を示すスコアや、オルトメトリクスと言われる、やはりソーシャルメディアを含めた場での社会的な影響度を加味した、新しい評価指標のスコアも検索時に参照出来るなどの特徴を持っています。

ボタン一つで複数の国語辞書を検索
All国語辞書
わからない単語やことわざの意味を調べるため辞典は必須です。手書きでレポートを作る際うっかり漢字を忘れてしまった、この本の登場人物が話している言葉はどういった意味なのだろうかと、必要だと感じる場面は人それぞれでしょう。しかし、分厚く重い辞書を片手に作業をするのは面倒くさく大変です。ページをめくるのに時間が掛かったり、出典する物によっては単語が登録されていないという場合が存在するでしょう。現在では携帯でも小説を読むことが可能になっている分、どうにかしたいと考えます。All国語辞書というアプリは携帯の中で言葉の意味を検索できます。知りたい単語を入力するだけで簡単に意味を理解することが可能です。また、このアプリの中には複数の会社の国語辞書が入っているため、一つの単語に対して多くの意味の理解ができます。これなら、ページをめくって時間がかかることもなく、せっかく調べた単語が載っていないという心配はありません。また、複数の会社の言葉の解釈を知ることは表現の豊かさに繋がるでしょう。

西暦・和暦・年齢・干支早見表アプリで就活の履歴書作成が楽に
西暦・和暦・年齢・干支早見表
西暦・和暦・年齢・干支早見表は、西暦と和暦の一覧が一目で分かるアプリです。その年の年齢と干支も同時に表示されますので、就活の履歴書や職務経歴書の作成に重宝します。高校の卒業年は18歳なので、年齢をさかのぼって見ると、卒業年が西暦と和暦ですぐに分かります。干支のアイコンが可愛く、眺めてだけで和みます。申や酉など普段あまり使用しない漢字で、読みは何だろうとはなりません。隣のアイコンを見ると、自分の干支もすぐに分かります。干支は履歴書には書かないのですが、たまに面接で「あなたの干支は、両親の干支を答えてください」と聞かれることがあります。とっさの質問で、年齢が本当に正しいのかチェックするためです。このアプリで、しっかりチェック可能です。プライベートな活用も可能で、自分の祖父母の年齢はちょっと把握できていないかもしれません。平成と昭和の2つの年号をまたいでいるので、計算も面倒ですが、このアプリを活用して還暦や米寿、結婚記念日などのタイミングにプレゼントを送ると大変喜ばれます。

ことわざの知識を簡単に身につけられるアプリ
ことわざ辞典Free
ことわざを簡単に、そして確実に覚えたい!という人には、「ことわざ辞典Free」というアプリがおすすめです。このアプリを使うと、ことわざに関する知識がたくさん学ぶことができます。気になったことわざのデータを、お気に入り登録することもできるので、便利でもあります。また、キーボードで自らメモすることもできるので、自分がわかりやすいように説明を書き換えることも可能です。キーボードで打つのが面倒だと感じる場合は、音声入力でメモすることもできます。ランダムで次のことわざのデータに移動できる機能もあるので、ある程度知識が身についてきたら、力試しとして利用できるのも魅力的です。ことわざの検索もとても簡単です。50音の索引別にことわざが一覧になっているので、とても見やすく、さらに漢字或いは平仮名でも検索できます。検索する手間も省けるのです。そして、意味試験という機能がありこれは意味から、4つのうち正しいことわざを当てるという試験です。これでことわざのスキルを確実にあげられます。